カテゴリ: Warframe Melee Build

Rivenが手に入ったのでリビルドしてみた
元々Riven性質は1なので殆ど意味無い、とはいえ
Rivenで枠を調整できるのでその部分の調整
Melee 3.0?とかでナニカが一気に変わりそうな予告が出てたけど
まぁ、現状のビルドが全て崩壊するような気もするけど、んなもの気にしない!

元々はこんなビルド

これを
Warframe_Venka_Build
こんな感じに

そしてRivenがこれ
Warframe_Venka_Riven

まじで性質1なのでどうでもいいRiven、という感じに見えるけど
枠を調整できるという点ではこの存在はかなり面白い、と、思う

この武器使うのはほぼValkyrでだけな状態なので、あえてFury抜いた状態でもいいかなと
どうせ常時Warcry使ってるし、長時間維持できる状態なので攻撃速度はそっちに依存できる
あとはなんとなくだけど属性も欲しかった、てのもある
そして、相変わらずこの武器のコンボ倍率補正は素晴らしいw

完成はしてたけど、何回使ったっけ?て、位に完全にワスレテタ近接武器
結構前にDual Wield可能になった時も、へぇーとしか思って無かった武器
ただ、今回Rivenが手に入って、性質4じゃん!、んじゃ使って見るか、て、事でビルドしてみた
ぶっちゃけ性質の計算はシラナイ
性質4~5の場合は反映される数字がかなり強力?という事位の理解度
3がRivenの表記がそのまま反映される感じで性質が1~2だとどういう計算になるのか更にシラナイ

で、現状のビルドはこれ
Warframe_Glaive_Build
属性付けつつ高速投擲しつつ、近接モード時は吸いつつ、という感じで組んでみたのがこれ
Dual Wield可能になった時に色々強化されてたとは思うけど
当時使ってなかったので使用感は全くワカラン
ただ、今回Rivenを入れて組んだ感じだと、余裕で有りな感じ

で、Rivenはこれ
Warframe_Glaive_Riven

例によってLv145の敵で試したけど、素でこのダメージ+スリップ
Proc発生すればCondition Overloadの効果で軽く1発で殺せる状態に
Warframe_Glaive_damege_Proc_02
Warframe_Glaive_damege_Proc_01
Warframe_Glaive_damege_Fhit
Condition Overloadの効果が出ると軽く数万のダメージ+スリップになる
Condition Overload無しでも数万近いので無くても余裕ではある、が、あると面白いのでセット
ダメージ自体は黄色止まりで、コンボ積み上げていくとオレンジになるかは謎だけど
現状黄色でも数万出てるのでいいかな
対グリニア、コーパス、感染体、コラプト相手でも問題無く対応出来るビルドになった感じ
属性は、まぁ、無難にCorrosiveで、ToxicとかViral、あとはRadiationでもいい感じ

Condition Overloadを入れる事でダメージ底上げ出来るが、まぁ、このMOD、ある意味反則だよね
そのうちナーフされそうな予感はするw

実際にミッションでLv145とかまず見ないが
145ですら瞬殺できる=通常で余裕、な感じに
実際にミッションに持ち込んでもかなり使える武器になってた(Rivenのおかげ?もあるかもしれん)

Glaive、地味に面白い武器
綺麗に反射するとまとめて始末できるので気持ちいい(ここ重要

確かPOE実装時?に実装されたデュアルソード
この武器、片手バージョンも実装されてて
片手だと、クリ率、状態異常率が片手剣ジャンルでトップクラス、という武器
ただ、問題は攻撃速度が遅い、という点
とはいえ、攻撃速度は幾らでもいじれるので実質かなりの性能な剣

このTWIN KROHKURはその剣を使って作るデュアルバージョン
片手剣はマーケットで設計図買えるけど、デュアルはDojoでの研究のみ
片手との違いはクリ率が落ちて、状態異常が上がってる
速度は相変わらず遅いけど、どうにでもなry
基礎ダメージはデュアルソードではほぼ最強クラス
ここまで強いとさすがにRivenは性質低いだろう、と、思いきやなんと性質5
マジで意味分からない最強のデュアルソード、という位置に居る武器

ビルド的には、クリ特化にも状態特化にでもどちらにでも組めるだけの基礎性能がある
で、現状こんな感じのビルド
Warframe_TwinKrohkur_build
攻撃速度はBerserkerで補って、クリ率はBood Rushで上げる感じで組んで
ついでに属性も付けて、Life Strikeで吸って、というちょい欲張りなビルド
このビルドでSortieの3とか、耐久で敵のレベルが100超えようが
そのままチャネリングで吸いつつ殴り続けられる便利で優秀な状態に
因みに、この武器にもCondition Overloadを搭載

で、Rivenはこれ
Warframe_TwinKrohkur_Riven
欲を言えば属性+ダメージ、とか、上記に+属性とか欲しかったが
贅沢言ってられません(Kuva的に

このCondition OverloadというMODはターゲットが被っている各状態異常の間、近接武器に追加ダメージの効果を付与。ランクマックスで60%近接ダメージボーナスが付されるという物
計算は
Total Damage =
Modded Damage × 1.6n (with n being the number of status procs currently affecting the enemy).

まぁ、無いとは思うけどWikiによると
Impact, Puncture, Slash, Cold, Electricity, Heat, Toxin, Blast, Corrosive, Magnetic, Radiation, Viral, and Void procs all apply to this mod for a total possible damage multiplier of up to 450.36x.
という状態にもなる、つか、ここまでProcs重なる前にほぼ敵死んでるので
あくまで理論値。

そして更に
Blast procs consist of two distinct status effect components – the normal stun on recovering victims which is displayed by the icon and the knockdown which isn't depicted – that can stack for additionally increased damage, up to 720.58x
というアホな数値にもなる。ゲーム内では、、ここまで耐えてくれる敵はまず無いw

取りあえずこんな状態!



赤クリビルドも可能と言えば可能だけど
手持ちのMODだとかなり限定される感じになったので
現状複合属性で組んでみたのがこれ
赤クリまでは行かないけど、黄色は連発できるのでいいかなぁという感じに
あとはこのスタンス自体がかなり範囲あるので
40~60位の敵なら余裕でなぎ倒せる状態、なので、現状これで完成!
属性も複合+Blastとか出来るけど、まぁ、これでいいかなという感じ。
素の攻撃速度が微妙に遅いのでPrimed Furyでカバー、Berserkerでもいいんだけど
安定した速度が欲しかったので取りあえずPrimed Furyで
Reachは無くてもいいかなぁ、とは思うけど、まぁ、そこは運用次第、、かなぁ

そして現在2種類ある剣盾スタンス
Eleventh StormとFinal Harbinger
使って見た感じ、FInal Harbingerの方が遙かに面白い

今まで持ってたのはEleventh StormでノーマルSilva&Aegisに使ってたけど
実にもっさりスタンスだったので剣盾の使い勝手的には微妙だなぁ、という感じだった
で、今回Prime実装なので前から気になっていたFInal Harbingerを取りに行った訳だけど
モーション的にEleventh Stormは凄いもっさりしてるけど
FInal Harbingerはモーションがえらい派手で動きも凄いので使ってて楽しい


Valkyr Primeの実装時に追加されたPrime版Venka
リーチは短いのでPrimed Reachとかの恩恵はほぼ無いし
コーパスや感染体のオスプレイとか若干高度がある位置の敵だと当てにくいし
ローラー等の地面すれすれも当てにくい武器自体は癖のある感じ。
が!!!
このクロー、桁違いの破壊力を持つのでそんなことはどうでも良くなる
使用スタンスにもよるけど手数、クリ率等全てにおいて素晴らしい武器。
Valkyr Primeリリース時のPVでCernos Prime捨ててこっちで敵なぎ倒すValの気持ちが理解できる。

ただ、同時に実装されたValkyrの4番には乗らないぽい?けどそこは無視、んなことは気にしない。



続きを読む

↑このページのトップヘ